パソコン40周年らしい

ニュースを見ていると “パソコン40周年” とのこと。何を起点に40周年と言っているのだろう? と思ったら、NECのPC-8001が発売されてから40周年なのですね。

フロッピーディスク(FLAT ICON DESIGNより)
フロッピーディスク(FLAT ICON DESIGNより)

ウチにパソコンがはじめてやってきたのは、福岡に住んでたときなので小学3年生から中学2年生の間のどこか。PC-8801mkIIが出ていたと思うのですが、父はPC-8001mkIIを購入したのを覚えています。そんなウチにはフロッピーなんて贅沢なものはなく、テープをつかっていました(笑)。

当時はマイコンベーシックマガジンといった雑誌もあって、載っていたプログラムを一生懸命入力していたのを覚えています。しかし、あまり面白いと感じることはなかったのも覚えています(苦笑)。

そして、その後は大学の卒論を書くためにMacを購入するまでパソコンを使うことなく… というか、使いたいと思うことすらありませんでした。そういった意味で、今の私があるのはMacのおかげなのかもしれません。もっとも、大学4年のときにMacを知らなければ、よりよい人生を歩いていたかもしれませんけどね(笑^2)。