“テレビが映らない”

四連休初日となる昨日3日は実家へ。1日夕方に母から連絡があったのです。

テレビを観る人
テレビを観る人(ヒューマンピクトグラム2より)

その連絡は “テレビが映らなくなった” というもの。”電源が入っていることを示すランプは点いているけど、画面が真っ暗なまま” と。パソコンだったらマザーボードが逝ってる感じでしょうか。

そんなわけで昨日見てみたのですが、たしかに映らない。リモコンで何かへんなトコ(?)を選んだのかとも思ったのですが、そんなこともなく。こんなときは “電源を完全に落としてみる” が最初に試すことなのでやってみたところ復旧。よかった^2。

話してみると、やはりリビングにテレビがないと寂しいらしい。”何を観る” ということはなくても、何か映っていて音が出てることに意味があるみたい。その気持ち、わかります。ツマも同意してました(笑)。

しかしこの “テレビが映らない” は過去にもあったような(汗)。5年ぐらい前に購入したみたいなので、そろそろ保証が切れるころかも。壊れるのであれば保証期間内がいいな。