「もか」が膣脱

“もういっそ、遠洋漁業に出てみたい”… って、山崎あおいさんの “鯖鯖” がヘビーローテーションしている知名も遠くないおじさんです(汗。

今日はウチの「もか」の話。

ヒートが続いていたのですが、やたらと陰部を舐めるので気になっていたのです。金曜日のことですが、仕事から帰宅して捕まえてみてみると、なんだかナニカ出ていました(汗。かかりつけ医に連れて行くと “膣脱肛” とのこと。

手術が終わって眠る「もか」
手術が終わって眠る「もか」

病名からわかるとおり、雌でしかかからない病気。基本的に命にかかわるものではないのですが、ほっておいてよいものではありません。

「もか」は翌日(20日)に連れて行って手術ということになりました。手術といっても、心臓もよくないお年寄りなので、でてきてしまったところをレーザーメスを使って切り取るというもの。昼前に連れて行って夕方に自宅に引き取りました。

お年寄りだったので心配していたのですが、これといって落ちた感もなく一安心。この書き込みをしているのは月曜日なので、ほぼ3日経っているのですが、日頃に戻ってきているので安心です。

これからもっとイロイロでてくるかもしれませんが、歳をとっていることで治療も限られたものになります。本人(?)の意向を確認できないので、飼い主としての判断をしなければいけないときもくるんだろうな… そんなことがないよう祈りながら、覚悟を持って日々過ごしていきたいと思います。