仁義なき戦い

参議院議員選挙が終わりました。広島は野党統一候補がトップ当選、2位は自民党本部が擁立した者となり、現職の自民候補は落選しました。

蹴りを入れる女性

広島で自民の2人の候補をたてることに関して県連は反対していましたが、党本部の意向で2人擁立。これに関しては、県知事や市長も現職を応援する意思を示すような異例の展開。しかし結果は党本部の思惑通り… いやっ、いちおう2人当選が目的だった “はず” なので、ベストではなかったのかな。でも、ベターには違いない(苦笑)。

今後、自民県連、もっといえば岸田氏だったり宏池会はどうするんだろう? 

それにしても投票率が低い(ーー:。”一票で何が変わるの? 何も変わらないでしょ?” と知ったようなことを言う向きもありますが、どんな者にも一票は平等にあるのです。そんな数少ない機会を生かそうとしないというのはどうなんだろうと考えずにはいられません。

しかし…本当に変えようとするならば、革命しかないんだろうな、きっと(冗談)。